2016年度決算

カテゴリー:経営
投稿日:2017.5.8

2016年度の実績が確定しました。

2016年度 売上高32億8,310万円 経常利益9,607万円

毎年過去の実績も記載しているので、過去4年分も記載します。

2015年度 売上高32億1,580万円 経常利益8,498万円
2014年度 売上高31億1,670万円 経常利益8,996万円
2013年度 売上高28億6,645万円 経常利益1億997万円
2012年度 売上高23億2,688万円 経常利益2,507万円

2015年度と比べ、増収増益です。
売上高は、約7,000万円増となりました。
内訳をみると、地場の建設業者様向けの売上高が約1億5,000万円増え、大手住宅メーカー様向けの売上高は約8,000万減りました。
大手住宅メーカー様向けの売上高を落としてしまったのは課題が残りますが、地場の建設業者様向けの売上高のアップでカバーすることが出来ました。

経常利益は前年と比べて1,100万増えていますが、これは、地場の建設業者様向けの売上高が増えたことと、利益率の改善によるものとみています。
井田営業所は、1年間仮営業所で営業活動を行なったため、半年間仮営業所で営業活動を行なった2015年度と比べ、仮営業所の家賃が倍かかっています。
また、当社不動産部所有の賃貸マンションが老朽化のため建て替え中であり、家賃収入も減っています。
通常であれば経常利益が減ってもやむを得ないのですが、硝子建材販売事業の利益の増で吸収できたのは幸いでした。

社員の給与、賞与を増やしていくには、業績が増えることが必要不可欠です。
ですが、今のご時世、業績が急激に伸び続けるような経営を行なうと、社員に過度な負担をかけたり、社員を使い捨てにするような経営になります。
私は、そんな経営はしたいとは思いません。
社員全員が協力し合ってギリギリ達成できるか否かの目標を立て、社員が心身共に健康で、成長し続けながら業績を伸ばし続けていく。
そんな経営を追求してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー