働き方改革

カテゴリー:職場環境
投稿日:2017.4.11

4月8日(土)に、半年に一度の全体会議を行ないました。
その中で、「働き方改革」の説明を行ないました。

説明は、半年間このプロジェクトでお世話になった浜銀総合研究所の野口衛さんにしていただきました。
コンセプトは、2つあります。

(1)女性社員が子育てしながら働き続けられるよう、働き方の多様化をすすめる
(2)「働き方の多様化」を進めつつも、「業績の継続成長」を達成するために、業務の見える化、標準化、改善を行なう

これまで規程はありましたが、活用しやすくするために、より具体的にしました。

育児休業は、1歳までを原則としつつ、一定の要件(保育園に入れない場合)を満たした場合は、(地域ごとに異なる保育園事情に配慮し)2歳まで延長が可能にしました。

会社に復帰後の時短勤務は、これまで時間設定、期間設定がされていませんでしたが、9時半~16時半を基本パターンとして設定し、期間は小学校1年9月までとしました。
小学校1年9月としたのは、小学校進学後しばらくはお子さんが小学校に慣れるのに時間がかかることに配慮しました。

出産後しばらくは育児と向き合いたい女性社員のために、復職できる制度も作りました。
時短勤務者同様、小学校1年生9月までは復職できるよう設計しました。

これまでの仕事の仕方で時短勤務者を受け入れると、フルタイム勤務者に負荷がかかる恐れがあります。
時短勤務者を受け入れながら業績を上げていくには、これまでの仕事の見える化、標準化、改善を行なわなければいけません。
2017年度上期は、これまで準備してきた女性社員が子育てしながら働き続けられる会社作りの実践編です。
社員と共に知恵を出し、汗をかき、悩んで対応をすすめていきます。

カテゴリー