See the future未来に目を向けよう!

就職先を検討する基準は何でしょうか?私は、会社の未来に目を向けるべきだと考えます。何故なら、皆さんが働くのは、過去でも今でもなく、これから先の未来だからです。

現状では、多くの人が「過去と今の情報」に目を向けています。「過去と今の情報」とは、会社の知名度、規模、業績、給与などです。ですが、少子高齢化、グローバル化、新興国の台頭、IT、ビッグデータ、AI(人工知能)等により、これまで優位性を保っていた大企業でも、あっという間に没落してしまう世の中に変わりました。

今後企業が成長し続けるには、「変わり続ける社風」が必要です。現在の三浦屋は、会社が変わるのにおいて、自由な社風と社員同士の密なつながりが大きな力となっています。全社員が大きな枠組みとなる価値観を共有した上で、あるべき行動、発言を各自で考えるようにしています。また、社員同士、切磋琢磨しながらも協力して仕事をすすめることを大事にしています。

こんな我々が今取り組んでいるのが、「窓の断熱リフォーム」と言う、新しいビジネスです。窓の断熱リフォームは地球温暖化対策に有効であり、昨年のパリ協定発効を踏まえれば、今後需要の増加が期待できます。また、ここ数年ヒートショックと言う言葉を聞くようになりましたが、対策として、浴室、洗面所、トイレの窓の断熱リフォームが有効なのです。

窓の断熱リフォームは世の中に認知されていませんが、このように社会貢献度が高く、日本では数少ない成長市場です。縮小市場は成果が出にくい環境ですが、成長市場は成果があがる率が高い環境です。どうせ頑張るのなら、成長市場が良いと思いませんか?

学生の皆さん、働くのにおいて大事なのは、過去でも今でもありません。これから働く未来が充実した会社生活になるかではないでしょうか。我々と一緒にやりがいのある仕事に取り組み、明るい未来を創っていきましょう!

2009年 新卒入社
本社 総務経理部 採用担当

渡邉 まみ

三浦屋の魅力はなんと言っても「一緒に働く人」です。月並みですが、心からそう思います。これまでいろんな会社を見てきた中途社員が「一番働きやすい!」と答えるほど、社員同士の仲の良さには自信があります。

READ MORE